mini Aqua garden blog

わが家のおさかなさんたち、そして双子のお坊とお嬢との日記です。。 ゆっくりペースですが徒然なるままに…。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

05月10日

(月曜日)

大多喜のハーブガーデンと城

今日(またまた既に昨日ですがw)もとてもいい天気でしたね。
天気もよいので嫁さんの行きたがっていた大多喜のハーブガーデンまで
ドライブと散歩を兼ねて行こうということになりました。

当初は、ハーブガーデンのレストランでランチという計画だったのですが、
あまりにも天気がよいので、途中のコンビニで弁当を買って、
大多喜城でも見ながら食べようと急遽の予定変更。
ということでまた城です(笑)。
しかし、この予定変更が後々取り返しのつかないことに(笑)。

20100509_01.jpg

それはさて置き、大多喜城は本多忠勝が城主として入った城として有名なようですね。
本多忠勝と言えば、徳川四天王のひとりで、
武田信玄から「家康には過ぎたる武将」と言われた程の猛将ですからね。

20100509_03.jpg

お城の横の木陰は、気持よくお弁当を食べるのにぴったりです。
テーブル付きのベンチまであったので、まずは着くなりお弁当です。
駐車場から「お城へ行ってご飯食べようね」と言われてたお坊とお嬢は我慢の限界でした(笑)。

20100509_02.jpg

さて、お昼を食べ終わって、眠くなるまでの小1時間ほどがお坊とお嬢がもっとも元気な時間です(笑)。
さっそく活動的に遊びまわります。

20100509_04.jpg

だからって、石垣は登れませんが(笑)。

20100509_05.jpg

この数段の階段の上は、屋根付きの休憩所(ベンチあり)なのですが、
反対側はゆるやかな坂になってます。
お坊とお嬢は、この坂と階段が大変気に入った模様でひたすら
行ったり来たりと遊びまわってました。

20100509_06.jpg

さて、そんなこんなで大多喜城で遊びきったお坊とお嬢。。。
目的地のハーブガーデンへ行く余力は残ってません(笑)。
ということで、ハーブガーデンへ行くことなく帰宅の途へ。
帰りの車に乗ってすぐに熟睡のお坊とお嬢でした、ちゃんちゃん(笑)。

それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

コメント

NO TITLE

お子さんいつも可愛いですね(*´ω`)

服がとてもオシャレでふね!

石垣・・・ふふふ。同じかっこうしてるっす(*´ω`*)

穏やかでなによりです!

NO TITLE

今回は出てきたぁ~(笑)

「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに本多平八」

ですよね?
色々な逸話が残ってるみたいですが、そういった逸話が大好物です(笑)
忠勝の持つ槍に蜻蛉が止まったら真っ二つに割れたから「蜻蛉切」と名づけられた、とか。

石垣に登るお嬢ちゃんにお坊ちゃん。
かわえぇ。。。
子供ってなんで坂道好きなんですかね?
うちの子も坂道を行ったり来たりして喜んでますw

大多喜城か~。
行ってみたいなぁ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NO TITLE

こんばんわ

大多喜城ですかぁ~
スイマセン 行った事ないです^^;
養老渓谷なら行った事あるんですけどねぇ・・・。

それとも行った事を覚えていない・・・ そうかもしれません><

いやーお子さんかわゆいっすねぇ~
うちの子らはちょっとづつにくったらしく・・・
イヤイヤ、着実に親離れをしております^^;

●ジンさん

こんばんは。

写真だとうるさくないので余計かわいいかもしれないですね。
お坊とお嬢は、結構騒々しいので。
特にご飯前は、、、「そろそろご飯かなぁ?」とか「ご飯食べようね」を
連呼します(笑)。

服、ありがとうございます。
嫁さんが喜びますよ。特にこのチェックの服は、嫁さんの手作りなので。
今日が初めて着たのですが、ホントは随分前に作ってたので着ないうちに
ワンピースがワンピースでなくスカートが必要になったのは内緒ですw

●ほんだしさん

こんばんは。

そうですそうです、三方ヶ原の戦いの後だったかの逸話だったと思います。

最終的に天下を取った徳川家なので、やはりいろいろな逸話が残ってますよね。
忠勝の蜻蛉切だったり、忠勝自身、猛将と誉れ高い武将で数々の激戦に参加しながら
戦場で傷一つ負ったことないとか。

石垣、「大きい石だねぇ、登ってみ~。」って言ったら、頑張って登ってましたw
子どもって、階段とか坂好きですよねぇ。
きっと子どもの体格からするとジャングルジムと同じなんでしょねぇ。

大多喜は、東京からはちょっと遠いかもしれませんが、、、
大多喜城とハーブ園とセットで是非どうぞ!家族で楽しめます。
が、くれぐれも子どもの体力を忘れずに(笑)。

●鍵コメさん

こんばんは。

お城に使われている紋所は、2種類だそうです。
最初の大多喜城主の本多家の「丸に立葵」と
最後の城主の松平家の「三つ扇」とのことです。
(実は、お坊とお嬢が嫁さんのお腹に宿った頃にも一度行ってて、
 その時の写真に紋所の説明の写真が残ってました。)

しかし、ちょっとびっくりなコメントでした!
歴史好きなのでちょっとワクワクしちゃったりしましたよw

正純といえば、父親の正信は家康に親友とまで言われた男ですよね。
忠勝の武勇とは違った、謀略面を支えた親子ですね~。
こちらの紋所が「右離れ立ち葵」になるってことですねー。

●まことさん

こんばんは。

大多喜城と養老渓谷は近いですね。
まことさんは、千葉県のどの辺にお住まいなのかなぁ?
機会があったら行ってみてください。
と言ってもお城くらいしかありませんが。。

ちなみに私も3年程まえに嫁さんと着ていたのですが、
行っていたことをすっかり忘れてました(笑)。
駐車場(とその前のお店)を見て、なんか見たことあるなぁ。。
って着たことあるじゃん!って結果に(笑)。

お坊とお嬢ですもだんだん生意気になってきましよ~。
だんだん親から離れて行くのはしょうがないですかね~、
今のうちにたっぷり遊んであげよう(遊んでもらおう?)。

NO TITLE

お坊ちゃんとお譲ちゃん、やっぱカワイイですねぇ。
石垣登ろうとしている姿には、一発で心奪われました。
そして、一緒のポーズ・・・双子って大変でしょうが、こういうときの愛らしさは
双子ならではの光景でしょうか・・・うーん、カワイイ!!
しもあ着ている服が奥様の手作りだなんて・・・凄すぎる!
めっちゃ、カワイイ服ですよ!!

本田忠勝からは、蜻蛉切しか連想できなかった、あちぇでしたぁw

●あちぇさん

こんばんは。

石垣の石の大きさの比較対象として、お坊とお嬢に石垣の前に並ばせようと
したらそれ以上の結果になりましたw
まさかの同じポーズには思わず笑っちゃいましたw

双子は(特に嫁さんが)今までが大変だったことも多いのですが、
この後は逆に双子だから楽になるんじゃないかなぁとは思ってます。
(仲良く遊べればですが。。。(笑))

双子ならではの光景も男の子と女の子では、成長スピードも違って、
だんだんただの兄弟にしか傍目にはわからなくなるのでしょうねぇ。
と思うとちょっと寂しいところです(笑)。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。