mini Aqua garden blog

わが家のおさかなさんたち、そして双子のお坊とお嬢との日記です。。 ゆっくりペースですが徒然なるままに…。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

06月19日

(土曜日)

底床ベースは何かに入れておかないと

今日は、久々にアクアネタを。
皆さん、覚えてますか?このブログはアクアブログですよ(笑)。

さて、少し前のことほんだしさんのこの記事
皮切りに底床ベースの入れ物の話題で盛り上がってましたね。
1か月以上も経って、ようやく関連記事が登場するのも、このブログらしいところ(笑)。

Ver2.0のコイル式だと頑丈且つスピードUP作成できるらしいです。
地道に針金回すよりかなりスピードUPの図れそうな、Ver2.0ですが、、、
モノグサな私にはそれすらも億劫な感じなので入れてポンという形になびきます。

ということで我が家は、どうしているかというと。。
やっぱり底床ベースとソイルを一緒にしてしまうと、
リセット時が面倒なので分離はしています。
でも、、ほんだしさんの様にかっちょいいBOXなんか作れそうもないので、、
ろ材ネットを使用しています。
撤去予定の90Pのソイル搬出がやっと終わったところで、底床ベース入れもやっと帰還(笑)。

90Pのこちらがおそらく一番古く、2008年初めから使用しています。
約2年半近く経っていますが、耐久度的には大丈夫な感じです。

net_20100619_1.jpg

それでも近くに寄って見ると、穴があいている箇所が2箇所ほど。
同じ面なので、ピンセットで刺して空いた穴の可能性もありますが詳細は不明w

net_20100619_2.jpg

リセット毎に交換すれば底床ベースの使いまわしは可能なような気がします。
私は、75Pで1年程使用してたものを今回そのまま60Pに継続使用していますけどね。

このろ材ネットのサイズがA4サイズなので、それなりの数が必要になるのが手間ですね。

一応、天然素材では腐敗してネットが破れてしまう可能性が高いので、
ポリエステル100%の「KOTOBUKI ろ材ネット」を使用しています。

net_20100619_3.jpg

60Pサイズだと、荒目よりも細目の方が適しているかもしれませんね~。

それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

2008年

03月30日

(日曜日)

ソイルを敷く時に。。

ソイルを新しく敷いた時に注水すると少しソイルが浮き上がったりしませんか?
そんな浮き上がり対策に役だつアイテムが、、、です。

spray001.jpg


と、力説するほどたいした物でもテクでもないのですが。。。
100均で購入した霧吹きスプレーです。
ソイルを敷いてからこれで霧吹きで十分に水を吸わせた後に
水を注水すればソイルの浮き上がりをほとんど防ぐことができます。

ということで3月頭の30cmCubeのリセットも順調にできました。
今回、アマゾニアⅡを使用したのですが、リセット直後の黄ばみもなくいい感じです。

30cmCube080330.jpg


さて、関東の桜は今週が見頃だったようですね。
昨日は、先週行った公園に再び散歩に行ってきました。
先週とはうってかわって花見の人たちでいっぱいでした。
やはり今週が満開だったようです。

20080329_1.jpg


先週と同じ位置から撮ってみましたが、、、枝垂桜の下にも花見してる人たちが居たので
今回はちょっと寄りぎみで撮ってみました

2008年

01月26日

(土曜日)

パワーサンド

皆さん、ソイルを使う場合にソイルの下にパワーサンド等を入れてますか?
通水性とかも考えるとパワーサンドや軽石をソイルの下に入れたほうがいいとよく聞きます。
私もパワーサンドや軽石を入れていますが、下手っぴな上に、よく水草をいじくりまわすので
パワーサンドが表面に出てきたりしてみっともない状況になっていました。

2006年末のリセットのときは、軽石浮き上がりの対策として、
パワーサンドや軽石を敷いた上に、園芸用のネットを敷き、その上にソイルを敷きました。
軽石浮き上がり対策には十分実績をあげたのですが、結構な量のソイルが園芸ネットの
下へいってしまい、思った以上に高い位置に園芸ネットがありました。
水草を挿すときに結構気になったので、今回のリセットでは次の手を。。。

ということで、考えたのが今回はろ材ネットにパワーサンドを入れる作戦にしました!
今回はパワーサンドSを1袋のみで追加の軽石等はなしです。
まずは、ろ材ネット2つを用意し、パワーサンドをそれぞれに入れてみます。
(園芸ネット捨てるのももったいないので一番下に敷いてみました。)

パワーサンド1


それを後景の真ん中に2つ並べて配置し、後はソイルを敷くだけ。

パワーサンド2


この方法の利点は、次回のリセット時の再利用が簡単にできそうということ!期待しています。
問題はこのネットの中まで根が入ってくるのか?一応、粗目ネットを使ってますけどね。
今のところは園芸ネットよりはよい感じです。^o^ゞ

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。